大人も楽しめる知育菓子、つかめる!ふしぎ玉。

はじけてジューシー!プルプル実験!の言葉と、パッケージに惹かれて購入した、Kracieさんの知育菓子、ふしぎはっけん!つかめる!ふしぎ玉。
なんだか楽しそうなので、大人ですがやってみました。
この商品以外に必要になるのは、ハサミとお水です。
お水は、カルシウム濃度の高いミネラルウォーター(硬水)だとうまく作れない場合があるようなので要注意です。
まずはトレーを切って、内側に書いてある線までお水を入れます。
切ったトレーは尖っているところもあるので、お子さんと楽しむ場合は気をつけた方が良さそうです。
それからそれぞれに3つの粉を入れ、約70回ずつ混ぜます。
なかなか粉が溶けませんでした。スプーンで潰しつつ混ぜました。
それから、付属の大きなスプーンにぶどう玉の粉をといた水やソーダ玉の粉をといた水を入れ、もうひとつのふしぎジュースのもとの中に入れます。
不器用だからか、なかなかうまく丸く作れませんでしたが、何回か続けていくうちに丸くなりました。
玉を作ったら5分ほど放置して固めます。
放置時間や大きさによって硬さが変わってくるようです。
5分待つと手に持てます。
口の中に入れるとブシュっと中から液体がはじけ、なかなか美味しかったです。
上手く丸くなると嬉しいですし、上手く丸まらなくても、それも味があっていいと思います。
楽しかったです。
借金 相談 埼玉

ソーシャルギフトって貰うと嬉しい?私だったら嬉しい

私が実際に使った事があるソーシャルギフトはラインギフトだけであるが、用途としては友人の誕生日に利用している。お互い社会人なのでなかなか会えなくなってきているので当日にプレゼントを渡すというのも難しく、とはいえ普通のおめでとうLINEだけではちょっと味気ない感じがするのでそういった時にラインギフトを利用している。貰った側もただメールでのおめでとうよりかは嬉だろうし(少なくとも私はそう感じる)会えない時でも気軽に送信出来てコミュニケーションが図れるのが良いツールではないかと思う。逆にまださほど親しくないが、連絡先だけは知っているという人に対してもこちらからコミュニケーションを取りたい時に使えるツールであるような気もする。色々な技術が開発して人同士のコミュニケーションが希薄になっている現代の世の中。確かに私も友人や親戚に年賀状などを手書きで書くというのはしなくなったが、逆に便利になったものを上手く活かせばそういった杞憂もなくなるはずではないか。物は使いようである。腕 脱毛